四柱推命は五行から陰陽を見極めることができる

四柱推命は五行から陰陽を見極めることができる

四柱推命の基礎知識として、陰陽五行を理解しておきましょう。

五行とは、火・水・木・金・土性という気の働きを表し、それぞれ性格があり、これが四柱推命のすべての基本になっています。

陰陽とは、天地、強弱という相反する性質のものが、お互いに助けあって成り立っている考え方を意味しています。

例えば、火性でも陰と陽で性格が違うということです。

人には裏の顔と表の顔があるといいますから、人を視るための占術として用いることができます。

やり方はシンプル、命式中に配置された関係から紐解くだけです。

例えば、木は燃えて火を生じますから木と火は相性もよいでしょうが、木は土から養分を取るので、木と土に属しているもの同士は互いに反発しあうため、相性が合わないことが分かります。

四柱推命というのは中国から日本に伝わりましたが、江戸時代中期だといいます。

四柱推命というだけに、四柱は生まれた年・月・日・時間で占うということもあり、歴史的に見ても春秋戦国時代にはすでにできあがっていたようです。

人の運勢を占うというよりは、国の運命を予見するために用いられていた歴史がある話しですし、自然界の異変を解き明かすために重要な役割を果たしてきたようです。

自然界は、天地、昼夜、男女というように、すべて陰と陽によって構成され、火・水・木・金性から成り立っているためか、昔は自然界を味方にした戦いの占術にも用いられていた話しです。

四柱推命で占えることとして、火・水・木・金・土という五行によって、健康運を占うことができます。

例えば、火性は心臓、水性は腎臓、木性は肝臓に注意が必要になるなどを占いから導き出すことができます。

健康運をみるときは、変通星を5類型に配して、変通星がどの箇所に集中しているかをみて判断していきます。

一箇所に3個以上集中している場合は、集中した星の位置の星情が強くなるので、その箇所に該当する臓器の病気に気をつける必要があります。

また、四柱推命では対照位置にある臓器にも注意喚起できますから、併発させない予防に繋げることもできるようです。

情報
電話占いサイトの利用で気を付けなけらばならないこと
タイトルとURLをコピーしました